英語

私が英語を習得した方法とは?独学で意識した3つのこと!

「英語が嫌い」

「話せるようになりたいけど勉強したくない」

「独学で英語を習得したい」

「街で外国人に話しかけられるとテンパる」などなど英語に関する悩みや課題を抱えている人は少なくありません。

そしてそんな方々に「どうやったら英語を話せるようになるの?」とよく聞かれます。

私も日常会話は困らないくらいで決して英語がペラペラとは言えないレベルですが、これまで海外出張で数々の商談をしたり交渉をしたりしてきました。

そこで今回は「私が英語を習得した方法と意識した3つのこと」についてご紹介します。

英語を苦手と思わないこと

私は、英語教育が始まる中学生の頃から英語が好きでした。授業中も英語の授業だけは一生懸命に聞いていましたし、実際に成績もよかったです。

これだけ聞くと「やっぱり英語嫌いには英語は習得できないんだ」とか「成績よかったなら話せて当たり前じゃん」と思われるかもしれません。

しかし、学校の成績がよかったら英語が話せるわけでもないし、勉強ができなくても英語が話せる人はたくさんいます。

では、話せる人と話せない人の違いは一体なんなのでしょうか?

それはズバリ「英語に対する恐怖心や苦手意識があるかないか」です。

今現在の英語の成績や知識の量は関係ありません。また、別に英語を無理に好きになる必要もありません。

ただ、「英語は難しい…」「話せるようになるには時間がかかる…」「今から勉強したって無駄…」などという消極的な感情は一切捨て去ってください。

「英語なんて楽勝」「自分は絶対習得できる」「話せるようになってやる」と強気な気持ちでいることが、英語習得のための第一歩です。

英語は頭ではなく耳から入れる

私の英語力の基盤は学生時代の英語の授業だけです。英語を話す友人もいませんし、英会話に通ったこともありませんし、長期で留学したこともありません。(短期留学の経験はありますが、英語の勉強よりも遊びにかまけていました…)

また、社会人になってからも8:2くらいで英語を使っていない時間の方が断然長いです。

しかしそんな環境の中でもなぜいまだにいざとなったら英語を話すことができるかと言うと、普段から耳を慣らしているからです。

通勤時間は洋楽を聴き、海外ドラマは必ず英語の音声と日本語字幕で観てきちんと声を聴く様にしています。

洋楽の歌詞や海外ドラマのセリフは、教科書や参考書なんかよりも100倍実用的な英語で溢れています。

教科書に載っているような「Watch out! There is a shark!(気を付けて!サメがいるよ!)」とか「Is this a pen?(これはペンですか?)」なんてどこのシーンで使うの?って話です。

気を付けてとか言っている間に食べられますし、見ればペンかどうかなんて分かります。

英語を習得しようとすると教科書や参考書を買うことから始める人が多いですが、こういった絶対に日常で使わない情報も多いかつ勉強をしている感が嫌で挫折してしまうパターンが多いです。

義務感を持って嫌々ながらも参考書を使って勉強しているのと、娯楽のつもりで耳から毎日英語を入れるのとでは圧倒的に後者の方が英語力をつけることができると考えています。

私ももっと英語力をつけたいと思って、今までたくさん参考書を買いました。本屋さんでは売っていないような高い教材を買ったこともあります。でも一冊も最後まで読み切ったことはありません。飽きてしまうからです。

ただ、洋楽や海外ドラマ、洋画は中学生の頃からずっと聴いているし観ています。

私は、この自分にとって楽しい時間で英語力を培ってきたと言っても過言ではありません。

洋楽はずっと聴いていると段々と歌詞を聞き取れるようになりますし、海外ドラマをたくさん見ていると「このフレーズよく聞くなー」という日常会話のパターンを覚えることができます。

英語で会話をするためには、リスニング力と、中学校時代に習う単語と、会話のパターンさえ知っていれば充分事足ります。

リスニング力は毎日洋楽を聴いていれば鍛えられますし、会話のパターンは海外ドラマで覚えることができます。中学校時代に習う単語を全て忘れてしまっていたら…そこは復習して思い出してください。

英語を習得するためには、毎日耳から英語を入れるようにする。これだけです。

英語を使う機会を積極的に作る

英語を聞き取る力があがって、会話のパターンもなんとなく分かるようになったらあとは実践あるのみです。

と言っても日本で生活をしているとなかなか英語を使う機会ってないと思います。

外国人に道を聞かれたら「I don’t know.(分かりません。)」の一言だけでなく「Sorry. I’m not from here.(ごめんなさい、私ここらへんの出身じゃないんです。)」と付け加えてみるとか、

外国人が日本語を勉強している目的で登録しているlanguage exchangeに登録してみるとか、

HUBに行ってみるとか、

Facebookで知らない外国人にメッセージを送ってみるとか、小さなことでも自分ができることから始めればOKです。

英語を話せるという自信がつくと、どんどん英語が好きになって、習得することが楽しくなります。

また、ネイティブの人はこちらが多少めちゃくちゃな文法で話しても大体は理解をしてくれますし、理解をしようと努力してくれます。「完璧な文法で話さなきゃ」と意気込む必要はありません。

どんなに小さなことでも、英語に触れる機会を積極的に作ってみてください。

おわりに

「え、結局毎日英語を聴くだけ?」と思われた方もいるかもしれませんが、今まで色んな参考書に頼っては挫折を繰り返してきた私が辿り着いた答えがリスニングです。

英語に苦手意識のある人でも取り掛かりやすいですし、なにより苦痛がありません。

習得には継続が必要ですし、実力があがったと実感するまでには時間かかるかもしれません。しかし着実に、そして確実に英語力はあがります。

騙されたと思ってあなたも今日から始めてみてください。

英語を習得して得したこととは?4つのメリットを紹介!日本人は中学校から多くの時間英語を勉強しているにも関わらず、実用的に英語を使うことはできない人が多いと言われています。 実際に英語...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です