英語

英語のメールや手紙での結びの言葉とは?基本の10選をご紹介!

英語でメールや手紙のやりとりをする場合、結びの言葉はなんて書いたらいいんだろう?と悩んだことはありませんか?

日本語でいうと「お元気で」「さようなら」「ごきげんよう」「それでは」などなどたくさんの結びの言葉がありますが、いざ英語にしようとすると思い浮かばない…という人も少なくないと思います。

そこで今回は「英語のメールや手紙での結びの言葉10選」をご紹介します。

英語のメールや手紙での結びの言葉10選

Sincerely,

ビジネスにおける最もスタンダードな結びの言葉と言っても過言ではありません。

ビジネスのメールや手紙の結びの言葉に迷ったら、ひとまずSincerely,と書いておけば問題ないでしょう。

Yours sincerely,にするとよりフォーマルな印象になります。

いずれも、次の行に自分の名前を入力して締めます。

Best Regards,

こちらもフォーマルではありますが、Sincerely,よりも少しカジュアルになります。

友人同士で使っても違和感はありません。

Sincerely,と同様に、文末にはコンマを付けます。

Yours truly,

こちらもフォーマルなフレーズです。

Truly yours,でもOK!

Thank you.

Thank you.を締めの言葉のイメージとして持っていない人も多いかもしれませんが、普通に使われます。

フォーマルとは言えませんが、それなりに交流のある相手であればビジネス上で使っても問題はありません。

Thanks.やThanks a lot.などにすると、よりカジュアルな印象に。

I look forward to hearing from you.

日本語での「お返事お待ちしております。」に該当するフレーズです。

相手からの返事が必要な場合はこの一文を入れておくと丁寧でしょう。

I am looking forward to seeing you soon.

「お会いできるのを楽しみにしています。」という意味です。

特にもうすぐ会う予定があったりする場合、対面を心待ちにしているという気持ちを伝えることができます。

友人同士であればSee you soon.でOKです。

Get well soon.

日常的なメールよりも少し特殊な場面ですが、相手が病気や怪我などでお見舞いのメールや手紙を送る場合、「早くよくなってね」というこの一文を入れるとよりあなたの心配が伝わるでしょう。

Take care.

「体に気を付けて」という意味です。

遠方に住んでいてなかなか会えない相手に対してはもちろんのこと、日常的にも使われます。

別れの挨拶の定番なので、毎日会う親しい友人に使っても全く違和感はありません。

XOXO

XはKiss(キス)、OはHug(ハグ)を意味します。

Gossip Girlで知った方も多いのではないでしょうか?

若者の友人同士で使われることが多いです。

Love

こちらも友人や家族など親しい間柄で使われる締めの言葉です。

Big loveやLots of loveとすることも。

おわりに

ビジネスシーンなのか友人同士なのかで使うフレーズも変わってきますが、この基本10選を覚えておけば困ることはないでしょう。

もちろんまだまだ結びの言葉はたくさんありますので、基本をマスターしたら他のフレーズも調べてみることをおすすめします。

最初はフォーマルとカジュアルの線引きが難しいかもしれませんが、使っていくうちにだんだん感覚がつかめてくるはずですので実践あるのみです!



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です