英語

奢るよ!は英語でなんという?相手に奢るときのフレーズを紹介!

友達やデート相手とごはんや飲みに行って「ここは奢るよ」と言いたいとき、英語ではなんと表現すればいいのでしょうか?

相手に気を遣わせることなくサラッと「奢るよ!」と言えたらかっこいいですよね。

そこで今回は「相手に奢るときの定番英会話フレーズ」をご紹介します。

相手に奢るときの定番英会話フレーズ

It’s on me.

この一言で「奢るよ」という意思を相手に伝えられます。

Lunch is on me.(ランチ奢るよ)やDrinks are on me.(飲み物は私の奢りだから)など、奢るものを前にもってきて~ is(are) on me.としてもOKです。

I got it.

「私に任せて」という意味のI got it.は、お会計の場で「奢るよ」という意味でも頻繁に使います。

I’ll get it.でもOKです。

また、itの部分をthisthe billなどに替えても使われます。

It’s my treat.

こちらも「奢るよ」の定型文です。

treatは名詞としても動詞としても使われ、I’ll treat you.という風にすることもできます。

I’ll buy you ~.

「~をあなたに買うよ」とそのまま伝える表現です。

I’ll buy you lunch.(ランチ奢るよ) / I’ll buy you a drink.(飲み物奢るよ)

など奢るものを~の部分に当てはめて使います。

Let me buy you ~.

初対面やあまり親しくない相手など、丁寧に言いたいときの言い回し。

「~をあなたに買わせてください(=私に奢らせて)」というオファーです。

こちらも同様に~部分に奢りたいものを入れて使います。

Can I buy you a drink?(飲み物奢ってもいい?)とするとより丁寧になります。

おわりに

どの表現もシンプルで覚えやすいため、友人や気になる人と食事に行った際に、練習がてら「奢るよ!」と気前の良さを見せつけてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、相手に「奢るよ」と言われた場合は、お礼のあとにI’ll buy you ~ next time.やI’ll treat you next time.(次は私が奢るよ) などと付け加えると好印象でしょう。

海外では割り勘をする文化がなく、自分が食べた分を各々支払うか、今回は私、次回はあなたというような支払い方をすることが多いので、「奢るよ」というフレーズは覚えておくと便利でしょう。

ネイティブがよく使う英語とは?学校では習わない日常フレーズ!海外ドラマや洋画を観ていると、学校の授業では習わない言い回しや、直訳とは違う意味で使われているフレーズがたくさん出てきます。 これ...



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です