留学

マルタ島への語学留学のメリットとデメリットは?体験談を公開!

日本ではまだあまり馴染みがないものの、地中海にポツリと浮かぶマルタ島はヨーロッパでは非常に人気のリゾート地となっています。

シーズンになるとヨーロッパ中から観光客がこぞって集まるだけでなく、最近では語学留学の行き先としても注目されています。

そんなマルタ共和国に実際に留学した経験のある私が、マルタのあれこれについて綴っていきたいと思います。

シリーズ初回として今回は「マルタ島への語学留学について」をお届けします。

留学検討中の方が疑問に思うであろう点について詳しく書きましたので、ぜひ参考にしてみてください。

語学学校について

東京23区の半分ほどの広さしかないマルタ島ですが、語学学校は10校ほどあります。小さな語学学校を含めたらもっとあるかもしれません。

中でも、中心地であるセントジュリアンにはいくつかの語学学校が集中しています。

昼は語学学校で勉強し、夜になるとクラブやバーが連なるストリートに集まるか、クラスメイトの寮でホームパーティーをするというのが留学生の基本スタイルでした。

小さな街なので遊びに行くと必ず同じ学校の人に会うし、他の語学学校の人たちと仲良くなることも。

そんな留学生が集まる街セントジュリアンで、私が通っていたのはEC MALTAです。

・世界中に校舎を構える語学学校として名が知れていること

・生徒数が多いこと

・日本人スタッフがいること

が決め手となりこの学校を選択しました。

レッスン数を自分で選択することができるため、滞在期間や目的によって自分に合ったカリキュラムが組めるのも魅力でした。

このように学校によってそれぞれ特長がありますので、各学校のカリキュラムやプログラム、スケジュール、アクティビティなどを調べて、あなたの希望に合った学校を探してみましょう。

日本人はどれくらいいるの?

留学先にマルタ島を選んだ理由は、日本人が少ないと聞いたからです。

過去の留学経験から日本人が多いと日本人同士で固まってしまうという反省点があったため、できるだけ日本人が少ない場所に行きたいと思っていました。

行ってみて感じたのはやはりどこに行っても日本人は一定数いるということ。

アメリカやカナダ、イギリスなどのメジャーな留学先に比べたら比率は低いものの、クラスによっては3分の1が日本人という場合もありました。

ただ全体としてはそこまで多くはなく、当時のEC MALTAの生徒の国籍の比率としては、トルコ:韓国:日本:ヨーロッパ諸国=4:3:2:1といったところでしょうか。

同じ国の人同士で固まるのはどこの生徒でも同じであり、いつも一緒に行動しているのは同じ国の友達、という人が大半でした。

せっかく時間とお金を割いて語学留学しにきているのですから、その殻を破っていかに他国籍の人と行動を共にできるかが大事なポイントとなるでしょう。

特に日本人はシャイなので他の国の人が固まっているとそこに加わるのは勇気がいりますが、ここは海外なんだと割り切って積極的に交流することをおすすめします。

マルタ島への語学留学のメリット

治安がいい

夜中に女性1人で歩いても全く問題ないくらいの治安のよさです。(とはいえなるべく控えた方がいいでしょう)

日本人の比率が少なめ

メジャーな留学先に比べたら日本人の比率が少ないため、より英語を習得しやすい環境と言えます。

ヨーロッパ諸国へ旅行に行ける

地中海に浮かぶ島国であるため、ヨーロッパ諸国へのアクセスがしやすく、週末に気軽に旅行に行くことが可能です。

街も海も綺麗

マルタの美しさは国全体が世界遺産と言われるほど。どこに行っても素晴らしい景色と綺麗な街並みを楽しむことができます。

マルタ島への語学留学のデメリット

日本から遠い

直行便がなく、基本的には2回以上の乗継が必要となります。長期留学の場合、一時帰国をするのも大変でしょう。

長期滞在は飽きる

島全体の大きさがおよそ名古屋市と同じくらいなので、見どころは割と最初の段階で全て制覇できてしまいます。長期滞在をしていた留学生はみんな「飽きた」と言っていました。

公用語とはいえ、英語には訛りがある

マルタ共和国の公用語は英語とマルタ語です。英語も公用語とはいえ現地の人たちが会話をするときはマルタ語がメインで、英語にはマルタ訛りがあります。そのため、本場の英語を学びたいという人には少し向かないかもしれません。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

総合的にみてマルタ留学は非常におすすめであり、マルタは私の中で好きな国ランキングの上位にランクインしている、人生でもう一回は訪れたい場所です。

どこの国であっても、留学先としてのメリット・デメリットはあるでしょう。

自分の中で納得いくまでリサーチを重ね、あなたが最高の留学ライフを送れることを祈っています!



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です