英語

電話の応対で使う英会話フレーズ!いきなりの英語にも焦らない!

いきなり英語で電話がかかってきた!というとき、とりあえず「Just a moment,please.」と返して英語が話せる人にバトンタッチ…という経験をしたことがあるという人は少なくないのではないでしょうか?

普段英語を話す機会があまり多くないと特に、いきなり英語で会話が始めるとパニックになってしまいますよね。

そんないきなりの英語の電話にも焦らずに対応できるように、今回は「電話の応対で使う英会話フレーズ」をご紹介します。

ひとまずこれらの基本フレーズを覚えておけば、一連の会話の流れはこなすことができるでしょう。

電話の応対で使う英会話フレーズ

自分からかける場合に使う表現

This is ○○ speaking.

電話をかけたら最初に自分の名前を名乗りますよね。

そのときに使うフレーズで、○○が話しています=「私は○○と申します」という意味です。

May I speak to ○○?

「○○さんとお話したいのですが」「○○さんはいらっしゃいますか?」という表現です。

May I speak with ○○?Is ○○ there?などと言うこともできます。

Is it a good time to talk?

話すのにいい時間ですか?=「今お話してもよろしいですか?」というお伺いのフレーズ。

友人間などよりカジュアルな場合にはCan we talk?でOKです。

Can I leave a message?

話したい相手が不在だった場合に、「伝言をお願いできますか?」と言いたいときのフレーズです。

ちなみに自分が電話を受けた側で、「伝言を伝えましょうか?」と相手にオファーする場合は、Would you like to leave a messsage?などと言います。

I’m sorry. I must have the wrong number.

間違った番号にかけてしまった場合に「ごめんなさい、間違えました。」と伝える一文です。

電話を受けた場合に使う表現

May I ask who’s calling?

「どちら様でしょうか?」というフレーズです。

例えば電話をかけてきた相手が、自分の名前を名乗らずにいきなり「○○さんいますか?」と言ってきた場合など、電話先の相手が誰であるかを知りたいときに使います。

Hold on,please.

相手を待たせる際の「少々お待ちください」という表現。

Just a moment,please.や、I’ll put you through.などとも言えます。

より丁寧に言いたい場合は、Could you hold the line,please?と言えばいいでしょう。

Sorry for keep you waiting.

「お待たせしました」という意味です。

保留にして相手を待たせていた場合に使います。

He(She) is out now.

電話をかけてきた人が指定した人が不在の場合に、「彼(彼女)はただいま外出中です。」と伝えるフレーズです。

この後に先ほどの「伝言を伝えましょうか?」を言ってあげると親切でしょう。

Thank you for calling.

「お電話ありがとうございました」と電話を切る際に言うフレーズです。

Have a nice day.と言うこともありますし、よりカジュアルにBye.やSee you.などと言うこともあります。

シーンや相手によって使い分けましょう。

おわりに

英語での電話は緊張しますが、基本フレーズを覚えておけばパニックになることもありません。

仕事で英語を使う人もそうでない人も、覚えておいて損はないのでぜひ覚えてみてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です