旅行

大阪周遊パス活用!1泊2日週末大阪旅行~1日目~

先日、1泊2日で大阪旅行に行ってきました!

そこで知ったのが大阪周遊パスという存在。

電車・バスが乗り放題で、40以上の観光スポットが無料になり、27の施設と65以上の店舗で特典ありという非常にお得なパスです。

今回の1泊2日旅は大阪周遊パスを中心にプランを組んでみました。

大阪旅行を計画中の方、大阪に遊びに行く予定のある方、大阪在住でお得に遊びたい方は是非参考にしてください!

大阪周遊パスについて

大阪周遊パスは、観光スポット約40ヶ所の無料観光施設入場用バーコード付カード乗車券(1日または2日間乗り放題)と「TOKU×2」クーポン付ガイドブックがセットになった観光乗車券。

1日券は2,700円、2日券は3,600円です。

無料になる観光地は大阪城や通天閣など主要観光地を網羅していますし、あちこち移動する交通費を考えただけでもお得ですよね。

そこで今回はこの周遊パスをフル活用できるプランを計画してみることにしました。

大阪周遊パス活用!1泊2日週末大阪旅行~1日目~

1日目のプランはこんな感じです。

9:23 新大阪駅着

大阪城観光

お昼ごはん

ぷらぷら

吉本新喜劇鑑賞

今回の旅のメイン目的はずばり『吉本新喜劇』の観劇です。

最近友人が吉本新喜劇にドはまりしていて、大阪まで観に行くというので食い倒れ目的で同行することにしました。

それでは1泊2日大阪旅行レポスタート!

新大阪駅に到着したらまずは観光案内所で大阪周遊パスをGETし、本日の宿泊ホテルに荷物を預けて早速観光へ繰り出します。

まずは王道の大阪城へ!

通常は600円かかる大阪天守閣も、大阪周遊パスであれば無料です。

正直最初は「あんまり興味ないなー」と思っていましたが、大阪城のお堀のまわりを歩いているだけでなんだか崇高な気持ちになり、昔の人の暮らしに思いを馳せながらゆっくり見てまわりました。

そして我々が訪れた期間は、普段は非公開である重要文化財の櫓(やぐら)も公開されていました。

こちらも通常は700円のところ大阪周遊パスで無料に。

400年前の木がそのまま使われて修復されていると聞いて感動。

「ここで見張りをしていたんだー」とか「この穴から鉄砲を構えていたんだー」とか江戸時代を想像しながら見ていると本当にワクワクしました。

観光ボランティアのおじさまにレクチャーを受けながら銃を構えてみたり、想像以上に大阪城を満喫しました。

大阪城を目の前に眺めることができる西の丸庭園はおすすめスポット!

広大な芝生にただただ癒されました。天気のいい日はここでごろんとするのも最高ですね。

通常は200円のところ、こちらも大阪周遊パスで無料です。

さて、一通り大阪城を楽しんだところで、敷地内にあるイリュージョンミュージアムに寄ってみることにしました。

古今東西のマジック、トリック、イリュージョンが集まったミュージアムで、通常は入場料1,200円です。もちろんここもタダ!大阪周遊パス最強説。

写真スポットもたくさんあり、結構楽しめました。

マジックショーは別途500円かかりますが、せっかくなので見てみました。

トリックが分かりそうで全然分からない!海外のお客さんも多く、盛り上がっていました。

思ったよりも大阪城を楽しんだので、時刻は13時すぎ。

お昼ごはんを求めてうろうろ。

大阪なのか関西なのかそれともこの辺の地域なのか、休日って全然飲食店がやってないんですね。営業しているお店を見つけるまでにかなり時間がかかりました。

やっとみつけたうどん・そば屋さん「味万」へ。

「天むす定食」(870円)を頂きました。たまたま入ったのにいいお店見つけたなー。

食後はカフェに入り、友人はこの間にファンである芸人さんへのメッセージカードを記入。しばしの休憩です。

その後、吉本∞ホールがあるなんば方面へ移動しました。

お散歩を兼ねて街をふらふらし、

小腹がすいたのでたこ焼きを食し、本日のメインイベント吉本新喜劇の鑑賞です。

間寛平さんの芸能生活50周年を記念?した「本気の寛平まつり」を観てきました。

新喜劇初心者である私はお約束みたいなものが全く分からなかったのであんまり笑えなかったものの…シークレットゲストで明石家さんまさんが登場したときは興奮しました!!それだけでも観た価値あったなーと思えました。

終演後は出待ちをして友人のお目当てである芸人さんに無事メッセージカードを渡し、近くのお店で肉寿司を喰らいました。

食欲も満たされたところでホテルに戻り、就寝です。zzz

大阪周遊パス活用!1泊2日週末大阪旅行~2日目~につづく

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です